DIY

【木工DIY#005】厚さ3cmの杉材でアンティークチェアーを作る!

オオカミくん
今回はアンティーク風ボックスチェアーを作ります!!
youtubeでも作り方を紹介しているよ!
アザラシくん

杉材でアンティークチェアーを作る:まずは下準備!

まずは下準備について説明します。

下準備 ①木材を選ぶ!

まずは使用する木材を選択しましょう。

木材の種類はいろいろあり、用途に応じて好きなものを選択しましょう。
また、木材はホームセンターで購入しましょう。

木材の種類にはいろいろありますが、今回は「」を使っています。

杉はホームセンターにない場合がありますが、
その場合は、ホームセンターでよく売っているSPF材でも作成可能!

ちなみに、杉はSPF材と比べて、木目や節が多くあります。

その為、よりアンティーク感・高級感がでます。

コアラくん
アンティーク感・高級感を出したいなら、杉がオススメ!!

下準備 ②木材をカットする!

木材カットはホームセンターの木材カットサービスを利用しましょう。

どのホームセンターでも大体1回30円でカットしてもらえます。

自分でノコギリなどを使って切ることも可能ですが、正確に垂直にカットするのが難しいです。

ホームセンターの木材カットサービスはかなりの精度で木材をカットできます。

コアラくん
お金はかかるけど、組立工程で失敗しないためにも、必ず利用するようにしよう!

木材のサイズ

①杉柱6本 3.0×3.0×40 cm
②杉板6枚 18×3.0×40 cm

下準備 ③ヤスリがけをする!

木材を準備できたら、次はヤスリがけです。

まずは#60のサンドペーパーで面取りやささくれをとりましょう。

続いて、#240のサンドペーパーで全体をていねいにサンディングしましょう。

アザラシくん
サンディングの目安は手で触って表面がスベスベになるまでだよ!

杉材でアンティークチェアーを作る:組み立てる!

まずは全ての木材を組み立てます。

その後で一気に塗装します。

2枚の杉板と2本の杉棒を1枚の板にする!

ここでは4つの杉をくっつけて1枚の板にします。
それを3枚作ります。

まずは2枚の杉板をダボで繋ぎます。

ドリルガイドと電動ドライバーでダボを挿す穴を開けます。

穴にボンドを入れて、

ダボを差します。

もう片方の板にも穴を開けて、ボンドを全体に塗ります。

ダボを穴に入れて、つなぎ合わせます。

つなぎ合わせたら、2本の杉棒を上下にボンドでつけます。

上側と、

下側。

ボンドが固まったら、ビスで固定します。

ビスを入れたら、ダボを入れて、ビス隠しをします。

ビスはアサなしノコギリで切り落としています。

3枚の板をコの字にくっつける!

これで3枚の板ができました。
側面2枚と上面1枚です。

ゴリラボンドでコの字型にくっつけましょう。

ボンドがくっ付いたら、ビスで固定してさらに強度を上げます。

杉材でアンティークチェアーを作る:ワトコオイルでアンティークに!

最後に全体にワトコオイルを塗っていきます。

色はダークウォールナットです。
乾燥するまで24時間待ちましょう。

杉材でアンティークチェアー完成!!

ついに完成です!

ワトコオイルと杉の木目がいい感じにマッチしています!

また、大きさもあり存在感も抜群です!!

アンティーク好きにはたまらない作品になったと思います。

以上、ご閲覧ありがとうございました。

気に入っていただけたら、お気に入り登録を是非お願いします!!!

-DIY
-, , ,

Copyright© Popo Train Blog , 2020 All Rights Reserved.