DIY

【木工DIY】紙ヤスリの番手(番号)と使い分けを解説!

sand paper

Popo Train Blog

オオカミくん
紙やすりの番号の意味を知りたい!
DIYにはどの番号を選べばいいの?
どう使い分ければいいの?

 

本記事ではこのような悩みを解決できます。

 

紙ヤスリの番手(番号)とは

紙ヤスリ(サンドペーパー)の番手は目の荒さを表しています。
数字が小さいほど目は粗く、大きくなるほど目は細かくなります。

一般的に番手は#を使って表されます。
番手が240であれば、#240となります。

番手ごとの使い分け

① 粗目:♯40〜♯100

♯40〜♯100は粗目に分類されます。目がかなり粗く
一般的に塗装を剥がす場合や荒材の研磨に使用します。

② 中目:♯120〜♯240

塗装前に木材を滑らかにする為に使用します。
♯240は木工DIYの塗装前の仕上げに使用できます。

③ 細目:♯280〜♯800

こちらも塗装前に木材を滑らかにする為に使用します。
細目で研磨することで、塗料のノリが格段に良くなります。

#240でも塗装前の仕上げには十分ですが
さらに良くしたい場合は#320〜#400を使うようにしましょう。

④ 極細目:♯1000〜

極細目は木材に使用することはなく、
金属や陶器を研磨する際に使用されます。

紙ヤスリの使い方

小さい番手から大きい番手の順に使おう

紙ヤスリは番手小さい物から大きくなるように使っていきます。

例えば、初めに木材のバリをとる為に、#60を使用し
次に、#120で全体を慣らし、最後に#240で仕上げを行います。

いちいち使い分けるのが面倒臭い方は
初めから#240のような細かい目を使用しましょう。

道具を使わず、ヤスリがけを行うもともできますが、道具を使えばラクにヤスリがけできます

手動の場合はヤスリ台、電動の場合は電動サンダーを購入しましょう。
個人的には趣味レベルでDIYを行うのであれば、安いヤスリ台で十分と思います。

          

        

         

-DIY
-

Copyright© Popo Train Blog , 2020 All Rights Reserved.